上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ずいぶん前に、ネットで買った使いにくい土の話をしていましたね。
すっかり時間が経ってしまいましたが、つづきです。

「有田唐津土」として売っていたこの土。
めちゃくちゃ「さくい(もろい)」ので、ショックな事件がありました。


ざる蕎麦やざるうどんを食べる用に、水切りプレートのついたお皿を
作りたくて、手びねりで同じものをペアで作っていたのです。


この土、形作る段階で、薄くしてしまうとすぐヒビが入るような土なので
何でも薄く作ってしまう私とは相性悪いんですが、それでも
ゆっくりゆっくり丁寧に、全く同じ大きさで作れたので素焼きしてもらって、
今度は釉薬(なまこ+萩)をかけたので本焼きしてもらおうと、先生に渡したんです。
そうしたらなんと、あろうことか
先生が片手で持ったとたん、ザッと崩れ落ちて粉々になってしまいましたー!!

まさかの事態に、先生もビックリ!

だって普通、素焼きが終わったら土が固く締まっているので
釉薬がけも片手でするし、釉薬かけ終わってすぐでも片手で持ったって平気ですから。

この土、釉薬を吸ってすぐふにゃふにゃになるくらい「さくい」んです。
もう一つの方は、完全に釉薬が乾いてからそーっと両手で渡して本焼きしてもらいました。

CIMG6633.jpg

先生もこんな土はじめてだったようで、これは注意です、と。


もうなんとか早く使いたくて、他に残っていた土(備前や古美濃山土等)と混ぜてから
パパッと荒っぽく作る「沓茶碗」を30分くらいで整形しました。
kutujyawan.jpg

あらっぽい太めの仕上げだとなんとかうまく焼けるみたいです。
土と作品の相性ってやっぱり大事なんですねー。。。
まだまだあるこの土は、ブレンドされまくってよくわからなくなっていますが。

なにしろ、さくい土は難しいです。


スポンサーサイト
ずいぶん間が空きましたが、陶芸クラブで作った作品。

電動ろくろが楽しくなってきて、同じものを作るっていうのに挑戦しています。
だいたい直径と高さがあえば、後は雰囲気さえ似ていれば同じように見えるもんで
ろくろで形づくるというより、半乾きさせてからの削り作業でなんとでもなる気がします。

CIMG6244-crop.jpg

CIMG6250.jpg
この土は、備前旅行で買った土に色々混ぜている土で、使いやすいです。



でもでも!家には、昔ネットで
「おためしセット5種類入って送料込2000円!」
っていう激安の土を買っていたのが残ってて、
この土が~~~・・・めっちゃ使いにくいのですよ(トホホ)


ろくろで、3つ壺型を作って、それを半分にしてくっつけた作品です。
CIMG6248-crop.jpg
向こうの真ん中にヒビが入ってるの、わかりますか。

CIMG6249.jpg
手前のも、裏面にヒビが入っています。

これは、陶芸教室で作ったので、先生に陶芸用のボンドでくっつけてもらいました。

この土、有田唐津土、と書いて売っていたんです。
有田焼というと、薄くて繊細でツルツルのすべすべのイメージ。。。
焼き方が違うのかなぁ~?

先生は、有田っていうといい土ですと言っておられましたが、
触った感じでは、すごく「さくい」(砂っぽくねばりが無い)ので、
分厚くささっと作るような作品が合うとのこと。
ついつい細部まで触りたくなる私には不向きみたいです。

この土、10キロもあるんだよなぁー・・・

でも、まだまだ無くならない。この後この土で
実はもっとヒドイ目にあったのですが、また今度アップしますぅぅ。。。


とにかく、これは何かと混ぜて使うしかない。ということで、今は
先ほどの備前土に混ぜたりして使っています。
陶芸クラブで作成したお茶碗と小鉢です。




前、備前旅行で買った土を唐津土に半分練り込んでいます。

というのも、
備前の土は通常の1250℃で焼いてしまうと、ぷぅ~っと膨らんで、
かきもちを焼いたみたいになっちゃうんです。低温で焼かないとダメみたい。
皆の作品と合わせる為に、備前100%はムツカシイのでミックスしました。

一回こんなの作ってみたかったんだー。

まるしま茶碗2

白化粧してから、絵具でイラストと
一言、「おうちのごはんはおいしいにゃ」

お茶碗とお箸を持つ手を逆に描いちゃったのはご愛嬌
まるしま茶碗1

こっちは小鉢です。
うちの猫、まるたんとしまたろうのイラスト描いてみました。
まるしま小鉢

おうちで使うお茶碗が作れて嬉しい!毎日使っています。



電動ろくろ使い始めて半年の作品です。

でもね、土をみょーんと延ばしたりしていると
昔から触っていたような不思議な感じがするんだよなー。。。
なつかしいようなこの感覚、なんだろう?・・・前世でやってた??

私は今世でも陶芸をやるように決めて生まれてきたのか(笑)

・・・って、みんなそうなのかな?

とにかく、ろくろが楽しいのです。
久しぶりに陶芸の作品をUPします。

陶芸教室に通って1年経ち、何でも自由に制作できるようになりました。

ずっと作ってみたかった土鍋。のっぽさんとずんぐりさん。
小ぶりサイズです。(直径15センチくらい)


これは釉薬をミスチョイス。
土鍋用の白マットにしたのですが、
濃かったのか、かかりすぎて柄もくすんでしまいました。
透明にすれば良かったなぁ~・・・

CIMG5793-crop.jpg

土がまだ余っていたので、次に作りたかった焙烙(ほうろく)もお揃いで。

CIMG5904-crop.jpg

煎りたての胡麻で胡麻塩が作りたかったの。

使ってみると、フライパンで作ってた時に比べてすごくいい!!
ゆすりながら火にかけるから、遠心力(?)で胡麻が端に寄ろうとするので
上に飛んでいかない。はじけても散らからないのがいいです。

本科継続1クール(3か月)目はこの3点で終了。
おうちで重宝するシリーズでした(笑)

陶芸教室にきてから半年
念願の電動ろくろの授業です。

まずは鉢づくり。
電動ろくろ、鉢1 電動ろくろ、鉢2

自分でスタンプを作りました。
焼き締めてカチカチになっています。
cats-crop.jpg

象嵌という技法を習いました。
土が半乾き状態の時にこの型を押し付けて、できた溝に
濃度の濃い化粧土を埋めてぬれたスポンジでよけいな部分を
ぬぐっておきます。
上から透明の釉薬をかけると白く模様が出るという技法。


でも、あまり型をめり込ませて化粧土をたっぷり塗り込みすぎると
ヒビが入ります。
CIMG5847.jpg
次に作ったどんぶり。
象嵌がちゃんと入ってない部分、逆に入りすぎてヒビが入ってる部分とあります。
うーん、難しいなぁ。


その手前横のお茶碗は象嵌してないけど
ひたすらろくろの練習をしていて、なんとなくコツがつかめてきた作品。
CIMG5846.jpg


そして課題の小皿と、
CIMG5845.jpg
小鉢のかわりにぐい飲み。
CIMG5849.jpg

小皿の手前3つとぐい飲みの奥3つは同じ釉薬なんだけど
たぶん薄かったんだと思う。ザラザラしていて茶色の土の色が表に出ています。


はぁーー、やっと本科が終わって
次から自由制作です!!待ってましたーーーー♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。