FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.12.27 キルン10
前回のつづき。


さてさて、
お花のプレート、やっと石膏から取り出しました。


でも、淵にガラスのバリが沢山ついているので
削っていきます。



綺麗な表面に傷がつかないように
透明なガムテープで保護したら、研磨機にかけますよ~。
CIMG3621_s.jpg


バリの部分の凸凹がとれたら、グラインダーを
少し細かいのにして、同じようにかけます。

耐火石膏についている部分は、表面が曇っているので
磨くと透明度が出てきます。


角も周りもツルツルにして、


それから、
フェルトで、ツヤを出します。

磨き砂と水を混ぜたものを掛けながら、磨く部分を押し当てる。
CIMG3622_s.jpg
(これは先生の手です)


なんだか、爪磨きのにおいがするなぁ~と思ったら
獣の皮を使っているそうな。
爪磨きの最後に使う艶出しもそうだよね。一緒だ。
これでやったら、めちゃ早く爪磨けそう(笑)


そして、つるんつるんのピッカピカになりました!
CIMG3625_s.jpg


今度は、絵の部分を磨きます。

磨き砂(写真中央奥の瓶に入ってるやつ)をサラサラまぶして
霧吹きで水をかけてゴシゴシこすります。
CIMG3626_s.jpg

今回は思ったより色が薄かったので
あまりゴシゴシやりすぎると、色ガラス部分が減ることで
もっと薄くなってしまうらしいので、気を付けながら作業です。。。



これで、基礎クラス最後です。

来年から本科に進みまーす!
ほんの少しだけ立体のものが作れるようなので、楽しみです


つづく→ 11

にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
2012.12.21 キルン9
前回のつづき。

まるたんのテストプレートを取り出します。

周りはギザギザになっていて危ないので、軍手をして
おおまかにバリをペンチで取っておきます。



初グラインダーだぞぃ!

120番でじゅわーーーっと削っていきます。
CIMG3592_s.jpg

じゅわーーー、って感覚。ついつい削りすぎそうだけど気持ちいい 


こんな感じになりました。
CIMG3594_s.jpg

まだ表面を綺麗にしていないので、暇を見つけて磨きます。



そして、
一番初めに作った魚の猫と雲の箸置き。
なんか、猫が思った以上に濃い色になってる・・・
CIMG3624_s.jpg

先生曰く、窯の中の位置によって微妙な温度の違いなんかでも変わる
そうです。
このコ達も、手隙時間に磨きをすることに。



そしてそして!
お花のプレートも焼きあがっておりました。
CIMG3615_s.jpg


取り出します。・・・が、なかなか外れないーー
CIMG3616_s.jpg  CIMG3617_s.jpg

細かい絵柄なので、耐火石膏にしっかり噛んでいるみたいです。
CIMG3618_s.jpg


つづく→ 10

にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

密かに「いいね!」してくださっている方、どうもありがとうございます。
2012.12.19 お皿の続き
今年最後の陶芸クラブに行ってきました。

前回、色粘土実験で作ったこのお皿、


ふちを少し立ち上げようとして、
ビニール管を置いていたんですが、
気づいたら、外れている箇所があって

いびつに片方だけ浮いた感じになっていました。
CIMG3577_s.jpg

んーー、失敗じゃ・・・



硬くなってきていたので、
濡らしたTシャツに包んでふやかしました。

その間に、
もう一つ大きいお皿も追加で作ってみました。
CIMG3606_s.jpg

前回の皿は、程よく淵だけ少し浮いた感じになりました。

今回作ったのは、濡れた新聞紙を細くして挟む
という方法で、立ち上がりをつけたいと思います。



今日は、クリスマス間近ということで

Kさんが、
こんな素敵なプレゼントを作って
持ってきてくださいました

CIMG3610_s.jpg

一人ひとりにくださるそうです!なんて太っ腹なの

木の部分は松ぼっくりを緑に塗って
小さな木の実をくっつけているんです。
北海道の知人から送られて来たものや、京阪神の山々で拾ったもの。
沖縄で拾ったものもあるそうです。。。

そこに、おうちでできた綿花の綿を乗せて雪に見立てています。
勿論土台の入れ物はKさんによる焼き物です
一つ一つ違っていて面白いの。素敵
ありがとうございます。

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
2012.12.14 キルン8
前回のつづき。


キルンワークの教室では、
ちょっとした忘備録を書く紙があって、
毎回終了後にサッと書いて、提出しています。

隣に先生からのコメントが付いて返却されます。
CIMG3578加工済_s

先生も猫好きなので、お返事に猫がついています  ウレシイ


色ガラスの黄色は、
喧嘩っ早いワルさん(笑)なので、注意です。


この部分だけ、色が混ざらないように透明ガラスを間に入れます。
CIMG3582_s.jpg



全部詰められたら、土台部分を入れます。が、
いきなり大きい粒だと、せっかくの絵付け部分の
細かいガラスが崩れるので、少し細かいガラスを乗せてから、大きな粒に。

 1CIMG3583_s.jpg → 2CIMG3586_s.jpg 

3CIMG3587_s.jpg → 4CIMG3588_s.jpg

これで、窯入れ待ち



そして、今日は

やっと~~!  窯出し後初対面!!


初回に作った雲と魚(の形をした猫)の箸置き。
CIMG3290_s.jpg

石膏を割ってみまーーす!
CIMG3291_s.jpg


そしてっ!!!


まるたんのテストプレート!
これも焼きあがってますよぉ~
CIMG3589_s.jpg

これも、パリン!と割ってー・・・
CIMG3590_s.jpg


次回は、磨き磨き。そして磨き
に、なりそうです。。。


つづく→ 

にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
陶芸クラブに持ってきました。


屋根は白土、壁は古美濃山土です。

少しくすんでいるのは、お互いの土を後から少し塗って
ぼやかしているので。
どんな仕上がりになるか楽しみ


側面は猫好きをアピール(笑)
CIMG3535_s.jpg CIMG3536_s.jpg


今回は、ちょっと実験を試みました。

陶芸クラブには先生がいないので、長くやってる人に聞いたり
本を見ながら自己流で色々作っているんですが、

私の持っている本
「基礎の陶芸2 器の飾りかた」/田中 見依 著

の中に、
白土に陶芸用絵具を混ぜると、色土になる というのが載っていて
試してみたくなったのでした。

側面右の窓から覗いている猫は、茶色の絵具を混ぜた土で作ってみました。



そして、もっとお試し

CIMG3540_s.jpg


4ミリ厚くらいに伸ばした白土を丸く切って
色土を適当に丸めて置いて、そっと上から抑えました。
CIMG3542_s.jpg

少し立ち上がりをつけたいので、
ビニール管で補助しています。これでゆっくり乾かしてみます。
CIMG3543_s.jpg

透明釉を薄く吹き付けたら、いい感じのお皿になるんじゃないかな、と。

うまくできそうだったら、いっぱい作ってみます

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
2012.12.06 キルン7
前回のつづき。


前回3時間かけて、みっちり彫りあげたプレート。
粘土をつけて確認です。


これで、絵付けしていきます!


参考にしていた絵
キャスキッドソンのミラー

この通りに作ろうかと思ったけど、
絵具と違って
あまり沢山の色を近い部分に使うと、ケンカしてしまうそうなので、

メインの花はピンクだけにしました。

色を変えるのではなく、中心を白にしてグラデーション
に仕上げていく予定です。

CIMG3531_s.jpg

色を決めて、ガラス調合して
絵付けしていきます・・・

残り1時間半。


とりあえず、葉っぱ部分のみ終わりました。
ひぃ~~。
毎度毎度ながら、完成までの道のりが長~~っ

CIMG3532_s.jpg

まだ、初日に作った雲と魚の猫も完成してませんよ。
完成品をお見せできるのはいつのことやら。。。


つづく→ 

にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
前回、5ミリのタタラ板で伸ばして、壁部分を作っていました。

壁四面

組み立てにはいります。

ここからは、風呂場に移動~~


箱を支えにして、なんとか立てました。
発泡スチロールの箱で支えながら  立体になってきました


屋根部分を作っていきます。
瓦っぽくしてみようかな・・・
瓦っぽくしてみようか


しまたろうが見に来た。・・・と思ったら、外見てる。
あ!クレマチスが見えてるよ~~
 しまたろうもいます    CIMG3453_s.jpg

お風呂場は、すっかり冷え冷えなんですが
ちょっと癒されます。


屋根部分を組み立ててみます。
サイドはまだやわらかいので、仮組み。
屋根はモチーフが並んでます

瓦を見ていて・・ふと何かに見えはじめた。


え!もう気が付いたって??

そうなんです!!



にゃんこがいっぱいではないかぁぁ

かくれニャンなのだ!

猫好き病の症状がここにも出てしまった・・・


にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
とんがり屋根のランプ、焼き上がりました。

釉薬は、
屋根が、織部をドブ漬けですが、さっと引き揚げました。
下は石灰3号で全体に吹きつけています。

   CIMG3477_s.jpg


白土の本体が乾いてから、古美濃山土をつけた部分が
ちょうど焦げみたいになって、古びたよい感じになりました。
100均のLEDライトもちょうど収まって嬉しい

CIMG3478_s.jpg

裏面にも窓があります。

CIMG3479_s.jpg


光があると、表情がかわっていいですね。
ランプにはまりそうです(笑)

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。