上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陶芸クラブで作成したお茶碗と小鉢です。




前、備前旅行で買った土を唐津土に半分練り込んでいます。

というのも、
備前の土は通常の1250℃で焼いてしまうと、ぷぅ~っと膨らんで、
かきもちを焼いたみたいになっちゃうんです。低温で焼かないとダメみたい。
皆の作品と合わせる為に、備前100%はムツカシイのでミックスしました。

一回こんなの作ってみたかったんだー。

まるしま茶碗2

白化粧してから、絵具でイラストと
一言、「おうちのごはんはおいしいにゃ」

お茶碗とお箸を持つ手を逆に描いちゃったのはご愛嬌
まるしま茶碗1

こっちは小鉢です。
うちの猫、まるたんとしまたろうのイラスト描いてみました。
まるしま小鉢

おうちで使うお茶碗が作れて嬉しい!毎日使っています。



電動ろくろ使い始めて半年の作品です。

でもね、土をみょーんと延ばしたりしていると
昔から触っていたような不思議な感じがするんだよなー。。。
なつかしいようなこの感覚、なんだろう?・・・前世でやってた??

私は今世でも陶芸をやるように決めて生まれてきたのか(笑)

・・・って、みんなそうなのかな?

とにかく、ろくろが楽しいのです。
スポンサーサイト
久しぶりに陶芸の作品をUPします。

陶芸教室に通って1年経ち、何でも自由に制作できるようになりました。

ずっと作ってみたかった土鍋。のっぽさんとずんぐりさん。
小ぶりサイズです。(直径15センチくらい)


これは釉薬をミスチョイス。
土鍋用の白マットにしたのですが、
濃かったのか、かかりすぎて柄もくすんでしまいました。
透明にすれば良かったなぁ~・・・

CIMG5793-crop.jpg

土がまだ余っていたので、次に作りたかった焙烙(ほうろく)もお揃いで。

CIMG5904-crop.jpg

煎りたての胡麻で胡麻塩が作りたかったの。

使ってみると、フライパンで作ってた時に比べてすごくいい!!
ゆすりながら火にかけるから、遠心力(?)で胡麻が端に寄ろうとするので
上に飛んでいかない。はじけても散らからないのがいいです。

本科継続1クール(3か月)目はこの3点で終了。
おうちで重宝するシリーズでした(笑)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。