上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、妊娠17週に紹介状を渡され、それから
1か月後の検診までに子宮筋腫が半分以下になったお話です。



H産婦人科からB総合病院に転院することになり、
18週に初めてB総合病院の産科で検診を受けました。

その時、筋腫は11㎝×9㎝。
あぁー、やっぱり・・・16週目のH産婦人科のあの男の先生の診察態度!
とにかく早く終わらせたいようなおざなりな感じだったもん。
急に14㎝はないよなぁ~。。。


それに、B病院では
「今、筋腫が痛んだりしていない?だったら大丈夫。今筋腫が何ともないようならこの先もそんなに悪くならないことが多いからね」
と言ってもらえて、ほっとしたし、すごく嬉しかったです。
それから、もう一つ
H産婦人科から助産院の先生に伝言されていた「子宮が下垂しているかも」というのは「子宮頸管が短く見える」のだそうで、これは筋腫が子宮の横に乗っていて圧迫されて子宮口が曲がっている分短くみえるだけで、普通の人と同じ(4㎝位)はあるそうなんです。だから大丈夫!と言われました。

出産予定日もはっきり2月7日になりました。



助産院で自然に産みたいとか、変にこだわってたけど、
助産院や個人病院では不安な事いっぱい言われるだけだったし、B総合病院に転院できて本当に良かった。
つくづく診てもらう場所産む所は大事だと思います。



・B総合病院の良い所

周産期母子医療センターが併設されているからなのか、先生の言葉に不安がない。先生は若い人が多いけど、ちょっとでも診察で異変があるとベテランの先生達とじっくり調べなおしてくれるし、先生達の雰囲気も良い。女の先生が多いのも精神的に安心するのかも。

「赤ちゃんにやさしい病院」で母乳育児に力を入れているので、母体や赤ちゃんがどんな状況でもできるだけ母乳育児ができるように徹底的にフォローしてくれる。

助産師外来があって、毎回検診後に疑問に答えてくれたりアドバイスが貰えるところ。バースプランを尊重してくれて、できない部分や妥協策が必要でがあればそこで丁寧に説明してくれる。

病院自体大きくて明るく、部屋数も先生も多くて、受付の人も丁寧だし、何事も全体的に余裕が感じられたので検診を受けるのが不安でなくなった。




やっぱり心の安定って大事ですよね。

初産で高齢出産であること、筋腫が大きいこと、
自分ではそんなに大した事ないと思っていても、否定的な事言われると気になるもの。
B病院で大丈夫ですよと言われて気持ちが一気に前向きになったようです。


それでも、できるだけ医療介入が少ないお産がしたかったので、色々な本を片っ端から読みました。
(ちなみに雑誌類は読んでいません。ああいう雑誌系って、あれ買えこれ揃えろみたいなの多いし、そんな消費宣伝に乗りたくないので。)


その中の一冊に、子宮筋腫が小さくなった話が何度か出てくる本があり

体験談がメインだったので、詳細に書かれてはいなかったのですが、ヒントは
「シーキンを朝晩飲む事」「麦飯石パウダーを入れた水を飲む事」

シーキンは、どうやらこれ↓の事でした。

麦飯石は、飲み水に入れて浄化させる働きがあるのは知っていましたが、パウダーを入れて飲む方法はよくわからず、調べても手作り石鹸や化粧品に練り込む用に売られているのがほとんどでした。
そんな中、麦飯石パウダーを水に溶かして飲む方法を書いているお店を発見。

ネットで調べても他の本でもそんな話聞いた事が無かったけれど、とにかくやってみたくて入手し試してみました。
(麦飯石パウダーは、お店の薦めるVirgin Life Waterとの混合水ではなく、普通の水をセラミック鍋に入れてそこに少量溶かして上澄みを飲む事にしました。)



シーキンと麦飯石パウダーの効果だけじゃないとは思うのですが、
19週目のある朝お腹に手を当てると、いつも右下にポコッとした
筋腫の塊を感じていたのに、それが突然すっと消えていたんです。

そして、次の検診22週目がやってきました。

エコーで測ると、赤ちゃんは575g程になっていました。
筋腫は、というと・・・

なんと! 6㎝×5㎝ に!!

・・・ホントですか~!?

更に一か月後の26週の検診の時に診てもらった結果も、同じ6㎝×5㎝でした。

あれっ?もっと小さくなるのかと思ったけれど、それは無いのか~。。。
でも最初の一か月で、最大値(おざなり先生の診断だけど)の半分以下になっていたのはスゴイ効果です!


他にやったこと等次回にまとめます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://runrunkiln.blog.fc2.com/tb.php/119-a436d265

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。