FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.12.27 キルン10
前回のつづき。


さてさて、
お花のプレート、やっと石膏から取り出しました。


でも、淵にガラスのバリが沢山ついているので
削っていきます。



綺麗な表面に傷がつかないように
透明なガムテープで保護したら、研磨機にかけますよ~。
CIMG3621_s.jpg


バリの部分の凸凹がとれたら、グラインダーを
少し細かいのにして、同じようにかけます。

耐火石膏についている部分は、表面が曇っているので
磨くと透明度が出てきます。


角も周りもツルツルにして、


それから、
フェルトで、ツヤを出します。

磨き砂と水を混ぜたものを掛けながら、磨く部分を押し当てる。
CIMG3622_s.jpg
(これは先生の手です)


なんだか、爪磨きのにおいがするなぁ~と思ったら
獣の皮を使っているそうな。
爪磨きの最後に使う艶出しもそうだよね。一緒だ。
これでやったら、めちゃ早く爪磨けそう(笑)


そして、つるんつるんのピッカピカになりました!
CIMG3625_s.jpg


今度は、絵の部分を磨きます。

磨き砂(写真中央奥の瓶に入ってるやつ)をサラサラまぶして
霧吹きで水をかけてゴシゴシこすります。
CIMG3626_s.jpg

今回は思ったより色が薄かったので
あまりゴシゴシやりすぎると、色ガラス部分が減ることで
もっと薄くなってしまうらしいので、気を付けながら作業です。。。



これで、基礎クラス最後です。

来年から本科に進みまーす!
ほんの少しだけ立体のものが作れるようなので、楽しみです


つづく→ 11

にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://runrunkiln.blog.fc2.com/tb.php/19-157e6548

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。