上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.03.10 キルン19
前回のつづき。


焼き上がりました。

おっ、黄色い。約1/3取り除いてこの黄色・・・取ってて良かった。
透明部分が少し偏っちゃった。。。
(取り出して気づいたけど、厚みも偏ってる。何でかな?)



耐火石膏を割って取り出します。
隅まで取ってから水洗いしないと、隙間の石膏が水を含んで
膨らんでガラスが割れることがあるそうです。
CIMG3998_s.jpg
竹串でほじくり中。


あとは、磨き磨きのひたすら磨き。。。。みっちり2時間半やりました


一応説明すると、
周りのバリを加工室のグラインダーで取ってから、

320番の砂を歯ブラシで擦って、
320番の砂を320番の紙やすりで擦って、
CIMG4002_s.jpg CIMG4003_s.jpg

500番の砂を歯ブラシで擦って
500番の砂を500番の紙やすりで擦って、

800番の砂をさらに細かい紙やすりで擦り、
ツヤを出して、さらに加工室のフェルトで光らせました。
CIMG4006_s.jpg CIMG4007_s.jpg


そして、できました!


教室の写真撮影用の黒布の上に置いて撮ってます。
CIMG4008_s.jpg

シロツメクサが白だけなので、ボコボコ感がわかりずらいです。
中心に白じゃなくて、黒とかピンクとか入れてみたら良かったかな。
葉っぱは白の模様がきっちり出ていて、うまく表現できたかも♪


もうひとつ。

なんじゃこりゃーーーー!?
CIMG3996_s.jpg

とほほ。ただの青いガラスです
CIMG4010_s.jpg
こんな風に作りたいというネットのページを印刷した見本の上にて。

やっぱり厚みが絶対的に足りないよね。粘土で型を取って作ってるっぽいもん。
まだ本科Ⅰであまり自由に制作できないので、先生から渡されるままに
プレートに乗せるだけで作ってしまったけど。

雲が立体的に閉じ込められているようにしたい。
これは本科終了したら絶対リベンジしよう。


つづく→ 20

にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://runrunkiln.blog.fc2.com/tb.php/35-555b6864

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。