上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(今回はシモの話ばっかりですので気を付けてー)

産婦人科の1度目の検診の時は、妊娠10週目の頃で、つわりで
あらゆる臭いに気分が悪く(大体9~10週目あたりがピークな人が多いらしい)
便秘もひどく、どうしたら楽になるか、頭の中はそればっかり考えていました。

妊娠前なら毎日難なく食べていた日本の発酵食品、自作の漬物や梅干しや甘酒や塩麹の炒め物とか
拷問みたいに美味しくなくて殆ど食べられず、お味噌汁がやっと飲める程度。
かといって、ヨーグルトで筋腫に悪い乳製品を摂るのも嫌で
(豆乳も筋腫に悪いと言われているので豆乳ヨーグルトにしてもやめた方がいいかと思って)
腸内細菌を整えて便秘を解消するオリゴ糖を寒天ゼリーにして摂ってみたり
こんにゃくやわかめを食べたり、ルイボスティーを飲んでみたり、
ご飯ににがりを入れたり、歩いたり体操してみたり・・・
ありとあらゆる事をしても、一度詰まってしまったら出る気配無し。
数日でやっとコチコチの兎糞が数個出るくらい。

昔から日常にちょっとでも変化があるとすぐ便秘になる過敏な腸だったからなぁー・・・
妊娠前の超健康な時ですら、時々便秘していたぐらいだから
こんなに日常が変わってストレス溜まると、どうにもこうにも無理だ。。。


ええい!ここは最後の切り札
実は以前紹介していた新谷弘実先生の本

を読んだ時に、気になっていた「腸内洗浄」
キットを買っていたのでした。

妊婦で大丈夫!?なんて言われそうだけど、自分でするので調節できるし
とにかく、この溜まりに溜まったモノをなんとかしたい!
・・・と、やってみました。

これはお風呂でやるのがコツなんです。それから雑巾をたっぷり用意する事。
上手く装着できなかったりしてビッショビショになったりするので・・・
そして、今が夏で良かった。。。
買った当時は冬で、寒い中下半身むき出しでやっていると足が冷たくて、時間がかかると嫌になっちゃったので。

お風呂とトイレを下半身裸で往復。この光景は誰にも見られたくない(笑)
でも久々にス~~~ッキリ!!はぁ~・・・・。



もう一つ、頑固な便秘にとっておきの秘策。

前回ちらっと書いた、甲田療法の甲田先生は
便秘や宿便対策に「スイマグ」を薦められています。

スイマグは海水のにがりを原料とした緩下剤で、「塩類下剤」といって塩類の浸透圧を使って水分を引っ張り、腸内の水分量が増え便が軟らかくなり量も増えるため、蠕動運動が起こって排便しやすくなります。習慣性がほぼ無くて長期間の使用が可能で、添加物も無く妊婦さんにも安心なのです。

ちなみに、市販されている便秘薬の殆どは「大腸刺激性下剤」という、腸の神経を刺激して排便を促すタイプで、作用が強くて腸内の粘膜が炎症をおこしやすいし、しかも習慣性があって、最初はとても効果的だけど次第に効果が弱くなり、大量に飲まないと出ないようになったりしてコワイのですよ~。


甲田先生もずっと愛用されていたという「スイマグ」
産婦人科の先生も、「どうしても出ない時にはマグネシウム剤を処方します」
と言っていたけれど、スイマグの事ですか?と聞いたらそれでもいいと仰っていたので、取り寄せてみる事にしました。
手に入るまでの間は腸内洗浄で(やらないと全く出ないので)なんとかしのぎました。。。


そして、手に入ったスイマグ。
夜寝る前、キャップ一杯を水に溶かし一気飲み。更にコップ一杯の水を飲んで寝ると、翌朝には水様便が出るハズが・・・
全く出ず!
私には、キャップ一杯じゃあビクともしないようでした。
次に2杯でやって、更に2杯半でやってみてー・・・・やっと出た!!なんてしつこい便秘なんでしょうか。

でも、おかげさまで、その日から毎日出るようになりました。
(水様便で急にもよおすので、家にいる時に全部出せるような計算で飲まないとトイレにあたふたしちゃうんだけど)
そして、毎日出るようになってから、つわりもみるみる軽くなっていきました。

甲田先生は「つわりは宿便の有無」による、というけど本当だなぁ~・・・と思ったのでした。



次の2週間後(妊娠12週目)の検診までに
筋ちゃん(子宮筋腫)を少しでも小さくできたらなぁ~・・・
次回は気を付けて食べたもののお話です。

助産院の帰りに、すぐ地元の健康保険センターで
母子手帳を貰いました。

そして次の週、予約していたH産婦人科へ。

エコーで赤ちゃんの心拍を聞かせてもらったり
子宮内に少し出血があるのでおりものに出るかもしれないけど
問題ないくらいです。とのお話。
筋腫は11㎝×8㎝の大きさでした。
(楕円形だったから11㎝とか9㎝とか8㎝とか今まで曖昧だったのか~?)

つわりでフラフラな中、血液検査もしました。ついでに子宮がんの検査も。
そして、「助産院さんの方にも報告しておきますねー」と言われました。



筋ちゃんはやっぱり大きくて、想定内だったけれど
先生はそんなに深刻そうな感じでもなかったし大丈夫か~と思いながら
次の日、助産院に電話をしてみました。

すると、助産院の先生から
「子宮内に出血もあったみたいだし、子宮がかなり下垂しているみたいだから
お仕事してるんだったらセーブした方がいいんじゃないかな」
「自然出産にこだわるより、赤ちゃんの命の方が大事だから」
「うちではいつでも相談にはのるからね」
・・・と。

あぁー・・・やっぱりこれじゃ助産院での出産はできないって事なんだ。。。
ガーーン。。。でもそうだよね。
自分のこだわりより赤ちゃんの命の方が大事だ。
だけどだけど、無理と言われたら、俄然やる気になる私(笑)
絶対今より良くなってやるーーーー!!!

しかし、子宮が下垂しているなんて初耳。
骨盤がゆるんでるのかな。。。

ちょっと前に『安産力を高める骨盤ケア 』という本を借りていて
安産には骨盤ケアが大事なんだわー、と思っていたところだったのですぐ実行!!

さらし3メートルもあればできるので、早速巻いて簡単な体操などしてみました。
なるほど、立っても体が楽になる感じ。
さらしは慣れるとすぐ巻けるようになるし、洗い替え用もすぐ作れるし、使わなくなっても違う事に使えるし便利!!
トコちゃんベルトを買うまでもないかも。

ちなみにもう一冊オススメの本が『トコちゃん先生の骨盤妊活ブック』

これも大事な事が書いてあって、妊婦さんもしくは妊娠したい人は必見です!
胎児がすくすく成長できるような身体づくり、自分でできることはしたいもんね。


そして、お仕事セーブの話も気になったので
今行っている1日5時間の立ち仕事も、半月お休みさせてもらう事にしました。




そういえば~・・・、気になりだしたら色々出てくる不調。


妊婦検診って、まず始めに自分で血圧と体重と尿をとるのが基本みたいですね。

あれっ?と思ってたのが、妊娠して検査を初めてからいつも血圧が低すぎて、
一回目は器械で測定不能になってしまう始末。
(二回目はこっそり叩いたりして(笑)なんとか血圧が測れるんだけど・・・)
昔は血圧が低かったけど、最近健康になってきてそれ程じゃなくなってたのに。
病院、助産院や産婦人科で何も言われなかったけど絶対おかしい。

しかも、仕事で何時間か立っていると、手の先が冷たくなってきて身体が冷えるのがわかって、この暑い時に、数日前からカイロを腰に貼ったりしていました。

それに、すごい便秘。
これについてはホルモンの影響があって妊婦には当たり前の症状なので、産婦人科でマグネシウムの多いにがりや海藻など食事を摂るか、それでも無理なら妊婦さん用の下剤のマグネシウム剤を処方しますよ、と言われました。


病院の検査では異常無しだし、だるいのはつわりだからで
ちょっとずつでも食物繊維の多い食事をしていたら大丈夫みたいなお話だったけど
私としては、これは絶対身体が違うと言ってる!と確信みたいなのがあって
色々調べていたら、
西式の甲田療法では、甲田先生が妊娠中にマクロビ食をすると便秘になりやすいと仰っていたようで、しかも低血圧と冷えは塩不足なのだそうです。

ああー!!!すっごく思い当たる。これは、甲田先生の言う通りだ~!

私、つわりできもち悪いから、今まであまり摂らなかった果物やトマトなど
カリウムの多い(塩を排出するような)ものを多く食べていたし、
口の中が気持ち悪いから、水分ばっかり摂っていたし、なのに、毎朝欠かさず食べていた梅干しもなんとなく食べたくなくて
塩気が足りなかったんだー!
だから立ち仕事をしたら2時間目くらいからフラフラになってたんだ。
つわりというより塩不足だったのか~~。

そして、妊婦だからちょっとでも食べなくちゃダメかなぁ~と思って
本当はずっと朝食抜きにしていたのに、朝から少しずつ口に入れるようにしていたんだよねー・・・
私には合ってなかったんだわ。



やっぱり甲田先生って偉大だなぁー。
実は前々から甲田療法は気になっていたんだけど、甲田療法で食事をすると
(生野菜食と玄米粉と豆腐という超シンプルな食事がメインなので)
他の家族と一緒に食事を楽しめないしなぁー。。。と二の足を踏んでいたのです。

とりあえず、甲田療法では、朝ご飯をしっかり食べる、というのは
妊婦でもやらなくていい!と言い切ってくれているので、無理して食べない事にしました。


塩でオススメはこれです。
何か食べる時には海塩をそのままパウダーにした「ぬちまーす」
をふりかけて、 (←携帯にはこっちが便利)

なんと、あっけなく冷えが治りました。すごい効果~~~!


長くなっちゃったので便秘については次回に!
さて、妊娠9週目。
府立の大きな病院での検診の後、予約していた助産院へ行きました。



妊娠していると、筋腫の位置がすごく大事で
私の場合は、子宮の上に乗っかるようにデーンとあるらしいのです。
これだと、とりあえずは子宮口を塞がないので、出産の際膣からの自然分娩ができるかもということでした。



助産院の先生から、
「では、お腹を見てみましょう」とベッドに寝かされました。

最近は手で触ると、お腹の右下にレモンのようなコリコリしたものがあり、「おおー、これが筋ちゃん(筋腫)ね」と自分でもわかるくらいになっていました。

予約した時より3㎝も筋腫が大きくなっていたなんてなんだか言い出せなくて、
「え~っと、10㎝越えてるって言われちゃったんですー・・・」と
ちょっとだけ遠慮ぎみに申告(笑)


「あー・・・筋腫大きいねぇ~・・・」
「これは大きいわぁ~・・・」


あぁぁーーー

器械によって誤差があるのか、その時は「9㎝はあるねー」といわれました。
でも内心では、ちょっとホッ。だって11㎝って言われてたんだもん。
もしかしたらこの1週間、つわりで厳しい中、においに耐えながら大根干葉の腰湯をした成果かなぁ?なんて思ったり。。。



助産院では私一人に先生と助手の方がいて、1時間くらいかけてしっかり診察と話をしてくださいました。

高齢出産なんて今は普通で、ついこの間も45歳の人が臨月まで仕事をしながらここで産んだよ、という話をきいたり、
(そういえばうちの従妹、49歳で初産だったんですよ!!)
普通の家にベッドと器械があるような感じだし落ち着けて、大病院とちがってアットホームでやっぱりいいなぁ~・・・と思ったのでした。


でも助産院では医療行為ができないので、基本的に危険の無い妊娠しか取り扱ってくれないのです。

そして助産院で産める人でも、一応提携の病院で診ておかなくてはいけないそうで
私の場合筋腫が予想以上に大きく、これからどうなるかわからないけれど、まず提携のH産婦人科で11週目までに一度目の検診に行ってください、といわれました。

「おんな先生(女医)の日に行けるように紹介状書いておくからね~」と、予約の日等確認してくださって、そういう心遣いも嬉しかったです。



で、この日大体の出産予定日(2月3日)がわかったので
「じゃぁ、母子手帳貰ってきてね!」
と言われました。
母子手帳の別冊の受診表綴りが、市の補助券になっているので
これを貰っておかないと、高い検診料が自腹になっちゃうのです。


母子手帳を貰えるって、やっと妊婦認定許可が出た感じですね(笑)
でも「母子手帳」って日本だけの風習で、作られた経緯があまり宜しくないのですが。


薬を出さない小児科医で有名な真弓定夫先生の本は
今までに何冊か読んでいたので、私も絶対自然に育てるつもりなんだけど、
きっと自然療法も何も知らない人は、お医者様が絶対だから薬・ワクチン・注射ぜめにしちゃうんだろうなー・・・


お時間ある方はちょっと見て欲しいです。




これは真弓先生と内海先生のコラボ番組(10分くらいなのでサッと見られます)











次回は、母子手帳を貰って産婦人科に行ったこと、筋ちゃんと食養と手当ての実践のお話です。
6週目あたりから、なんだか胃がもやもやするような
頭がのぼせているような、不快な症状がではじめてきました。

これが、いわゆる「つわり」ってやつなんだー・・・
まだご飯も食べられるし、大したことないな。と、思っているのもつかの間で
日に日にひどくなっていきました。


私の場合、ありとあらゆる“におい”に敏感になってしまって、
家に帰って玄関を開けると、自家製発酵食品が多い我が家は、こんなに臭ってたのか!と驚愕するくらいにおうんです。
色々な食材から放たれる独特な台所のにおい。特に朝、ご飯の炊けたにおいが混ざると耐えられず、なぜか柑橘類の匂いだけが救いで、みかんを鼻に当てながらお弁当を作ったりしていました。

それに、洗濯も。
旦那さんのTシャツは工場の鉄粉と汗でかなり汚れているので、洗濯機に入れる前に予備洗い(それも何度もやらないと落ちない)をするのですが、涙目になりながら臭いに耐え、それでも途中で何度が横になって休憩をとらないと洗いきれなくなってしまいました。

普段からナチュラルなものしか使っていないので、人工的な臭いには前から敏感で、百均とかドラッグストアとか石油製品・化学薬品っぽい臭いがする所に長く居るのは苦手だったのですが、生活していると、こんなに臭いってあるんだなぁ~・・・と感心。
犬や猫を家で飼っている人は気にしてないかもしれないけど、人間より鼻の利く動物達はホントは耐えてるのかもなぁー・・・と思ったり。。。
特に合成洗剤。柔軟剤の臭い。あれ、何で香るのがいいと思ってるんだろ~・・・?あんなに気持ち悪い人工的な臭い無いのにね。。。




食養では、つわりは身体が酸性になっているよという合図で、
普段から肉や砂糖や人工的な加工食品等の血を酸化させるようなものを摂らず、血の巡りも良く、身体も温まっていて、便秘せず、しっかり老廃物を排出できていればつわりにはならないか軽いと言われています。

今まで身体にあった不要なもの(酸化したもの)を排出したいために起こるのであって、ちゃんと身体をデトックスして、赤ちゃんを育てるのに適した環境にしてよ、って事なんです。
さっきのにおいの話でもそうですが、みかん等の柑橘類は身体に入るとアルカリに作用するので酸を中和してくれるので好きになるみたいです。
それに、解毒作用をつかさどる肝臓等を助ける働きもするみたいだし。



そう、デトックス!!私が大好きな「排毒」ではないですか!!(笑)
よっしゃ~!頑張って乗り切るぞーー!

・・・とは思ってみたものの、本当に毎日毎日自分との闘い。一体いつ終わるのかと思うくらい長く感じて憂鬱になります。

妊娠初期はずっと体温の高温期が続くからか、さっぱりした冷たいものが欲しくなるのですが、
かと言って口当たりの良い果物や冷えたものや、臭いが苦手なご飯や青臭い野菜を避けてパン・麺ばかり取っていると、血の巡りが悪くなり滞り酸化するし身体も冷えて便秘ぎみになります。
おまけにホルモンの影響で腸の蠕動運働が鈍くなり便秘になりやすくなっていて、便秘になると腸からできる血が酸化し更につわりがきつくなるという悪循環。



そして、つわりの時にありがちなのが、むしょうに食べたいものができるんです。
(お腹は空いてないのに食べたくなるなんて不思議なもんですね)

私の場合、
フワッフワの生クリームとカスタードがたっぷり詰まったシュークリームやパフェ。
チーズたっぷりのグラタン、カルボナーラ、チーズケーキ、チーズたっぷりのピッツア!
甘辛だれをたっぷりつけて焼いた焼肉、こってり豚骨ラーメン。

かつて大好物だったもの。そして、ここ数年ほぼ口にしていないような食べ物
(見事に身体を酸化させる&子宮に悪い乳製品+糖分や脂)ばっかり!


食養を実践してからは不思議と全然食べたいとも思わなくなっていたのに、何で?と
思いきや、実はこれも食養では排毒現象の一つで
身体の中に溜まっていた毒の原因となる食べ物が排出される際、逆に食べたくて仕方なくなる「クレービング」という現象が起こるんだそうです。

きっと食養を知らなかったら、「だって赤ちゃんが食べたいって言ってるんだも~ん!」「つわりの時は食べられそうなものを食べたらいいって言うじゃない」
なんて言って絶対食べてただろうな・・・。そして確実につわり悪化してそう。
無知は怖いですね~。。。

しかし、まだそれだけ毒の原因となる食べ物が身体に残っていたって事なのか。
もう何年も食べてないけど、過去に相当量食べていたもんなぁ~・・・。



とにかく、その「食べたいもの」は幻想だと却下して、
苦手になった玄米ご飯もほかほかじゃなければ何とか食べられるのでおにぎりにしてみたり、胃がムカムカして全然お腹が空かないので、ちょっとずつ時間をかけて口に入れるように食べていました。

本当は果物は糖分が多いし身体を冷やすのであまり食べない方がいいんだけど、
朝から臭いのきつい台所でお弁当を作る気力を出す時、お腹は空かないんだけど口の中が気持ち悪くなったりする時、バナナやキウイ、みかんの存在が本当にありがたくて常備していました。野菜ではトマト。さっぱりとした酸味がいいみたい。
その一口のオアシスが天国の食べ物のよう(笑)

みかんジュースやリンゴジュースも常備していて、
口がきもち悪い時にはみかんジュースを(そのままだとムカムカした胃が更に荒れそうになるので)水で薄めて飲んだり、
本当に何も食べられない時にりんごの葛練り(これは身体が温まっていいですよ)を作ったりしました。
他にも、船酔いの時に海外ではジンジャーエールを飲むそうですが、このジンジャー(生姜)ってつわりにも効くそうで、すりおろした生姜を白湯に入れて少しはちみつを垂らして飲んだりしていました。確かに楽になるし身体も温まって一番良いかも。



食べ物が全然美味しくないのに、家族のために作らないといけないって本当に大変ですね。
普段の私なら、こんなに食欲が無かったらいっその事何日でも断食してやろうー!と思うんですが、さすがに妊婦なのでそんなめちゃなこともできないし。。。
とにかく、食をコントロールする事の難しさをしみじみ感じました。


話が長くなってしまったので、助産院の話と子宮筋腫のその後はまた次回に!

この一か月半くらい、驚くような変化続きでどうまとめてよいか。。。
こんなに毎日意識が自分の身体に向いている事もそうそう無いかもしれないので、記録として綴っておこうと思います。


まず、あれれ・・・?と思ったのが6月あたま。
生理が一週間こなくて、妊娠検査薬で調べると陽性でした。
結婚10年目。こんな事は初です。


ほわんとした嬉しさはあったけれど、それより驚きと戸惑いが大きくて
その時お世話になっていた知り合いに相談して、
近くの産婦人科の付いている大きな府立の病院で検査をしてもらいました。

そこでも陽性で、胎嚢という袋が子宮内にあって正常な妊娠という事でした。
(超初期なので袋だけ見えている状態でした)
心拍が確認できる2週間後に来てください。という事でしたがそれよりも
「8㎝程の子宮筋腫がコブのようにある」という言葉がショックで
ボーっとして、お会計を忘れて帰りそうになってしまっていました。


子宮筋腫(漿膜下筋腫)がある事は知っていました。それも何個も。
でも食養を実践していたら、今までの身体の不調は全て無くなり
今までの人生で一番元気になっていた今日この頃だったので、
きっと、筋腫も消えちゃったのだろうと思っていたんです。

何個かあった筋腫は、一つにはなっていたけど(もしかしたらくっ付いて一つになった?)、まさかそんなに大きな筋腫になっているとは思っていなくて(6年前で最大5㎝でした)
基本的に妊娠中に筋腫が見つかってもそのまま出産までいくそうなので、手術はしないそうですが
女性ホルモンの影響で筋腫がもっと大きくなったり、出産の出血量が増えたり、痛みが激しく出たり、場所によっては子宮を圧迫して成長を妨げたり・・・
不安な事もたくさんあります。





その大きな府立の病院では、妊娠初期には葉酸が必要ですので
サプリをおすすめします。とサンプルを渡されました。

「病院内のコンビニでも販売しています。」という先生の言葉が
なんだか営業みたいで、商売商売していて嫌だなぁ~と感じたのと
食養をやっているので口に入るもの(特に添加物等)に敏感になっている私に
添加物で固めたサプリを飲めというところが合っていなかったこと、
(それに、前回の記事にもしました山田豊文先生の著書
には、妊婦に必要な栄養素は葉酸ばかりが取り上げられているが、他にも色々なミネラルやビタミンがあって・・・というのを読んでいたので、良い食事をする事で自然に摂ろうと思えたのです。)

大病院で人が多くて、診察がロボット工場の流れ作業みたいで冷たいところ、
看護師さんも手短に指示するだけの冷たい態度なところ、
そんな病院の雰囲気が私に合ってない感じがして
ここでは産みたくないなぁ~・・・という気持ちになっていました。


もし産むなら、昔の人みたいに自然に産みたい。
お医者さんの都合で日や時間を決められて、陣痛促進剤を使ったり
いきみにくい仰向けの体勢で不自然に産まされるようなのは嫌だ。
と考えていたので、
きっとこのままではお医者さんの都合ばかり並べられるような気がして
少しでも妊婦の気持ちに寄り添ってもらえて出産できそうな助産院を探すことになりました。


そして、私の不安(筋腫があること、高齢なこと)の話を聞いてくれる
助産院さんを見つけたので、連絡を取り、2週間後の病院での心拍確認後に検診に行く事にしました。



・・・2週間後。

妊娠8週目。
心拍が確認され、モニターには胎芽と呼ばれる赤ちゃんらしき形が映っていて、
少し前から、人知れず船酔いのような気分の悪さ(つわり)に苦しんでいた私も
これを見た時には嬉しさがいっぱいで、早く色々な人に報告したい気持ちになりました。

ところがー・・・、そんな私の気持ちを一瞬で吹き飛ばす言葉が。

「筋腫が11㎝になっていますね」

えっえっえっ・・・!!!
頭が真っ白。2週間で3㎝も大きくなっているではありませんか。
またもや、お会計を忘れて帰りそうになってしまいました。。。

立派な超巨大筋腫です。
子宮が大きくなる速さより早いなんて、ショックすぎる・・・
そういえば最近胸も張ってきてズキズキするし
女性ホルモンがめちゃめちゃ出てるのかな?
うーん。。。

必死になって色々調べていると、子宮筋腫持ちの妊娠でも
まれに子宮が大きくなる時に、筋腫(筋肉なので普通は硬いのです)が軟らかくなって
子宮壁に吸収されて小さくなったり無くなったりする人もいるそうで
その希望を持って、情報収集と実践の日々が始まることになりました。


その後の助産院でのことやつわりのことは、また次回に!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。